浦安駅と新浦安駅と舞浜駅を「15分おきに回る循環バス」を創る

市バス

浦安市は、元町と中町・新町(埋立地)が湾岸道路で分断されていて、まるで二つの別の町であるかのように交流が少ない。

新市街には、大型店舗や霊園や野球場、テニスコート、パークゴルフ場、総合運動公園等々の幾つもの運動公園が整備されていますが、旧市街からは通いにくい状況があり、他方、旧市街には、味の肥えた旧漁民が経営する美味しい飲食店や面白い店がいっぱいありますが、新市街からは酒酔い運転が厳しくなったので通いにくい状況があります。

それは湾岸道路で両市街は分断されて公共交通機関が少なく交流が少ない現状があるからです。

そこで、浦安市川市民病院⇔浦安駅⇔神明裏⇔猫実⇔消防本部前⇔市庁舎⇔海楽⇔美浜東団地⇔新浦安駅⇔入船中央エステート⇔明海大学前⇔海風の街⇔海風の街⇔浦安墓地公園前⇔観光漁業基地前⇔パークゴルフ場⇔特養老人ホーム⇔鉄鋼通り1丁目⇔見明川中学校前⇔見明川団地⇔運動公園⇔舞浜駅⇔富士見5丁目⇔富士見3丁目⇔堀江中学校⇔堀江6丁目⇔堀江3丁目⇔フラワー通り⇔浦安駅⇔浦安市川市民病院とその逆回転する「15分ごとに回遊するバス路線」を新設すれば、両市街の住民の交流が図れるし、大型店舗の進出で小規模店舗が寂れていくばかりの状況を改善できるし、旧市街の店舗の繁栄も図れます。

尚、現状では、バスの運転手不足の為、民間交通機関での運行が難しい面もありますので、浦安市で補助金を出して民間業者の循環バスの運行を実行できるようにする方法のご検討を提案致します。

詳しくは下記の動画をご覧ください。

PAGE TOP