今泉浩一ブログ

浦安市の再開発で繁栄し続ける街を創る!

浦安市は湾岸道路を挟んで旧漁民の町だった元町地区と埋め立て後にできた中町・新町の二つの全く違う街ができています。元町は漁民の町だったが、海が汚染されて漁業権を放棄して埋め立て事業が進み、市域の3/4には「リゾートゾーン」と「工業地域」と「住宅地域」が見事にできあがり、東京から企業と人が集まる人が羨む素晴らしい街が中町・新町としてできあがっています。    しかし、元町は、未だに浦安駅前の商店街や密集市街地の再開発が進まないために、公道に接していない「中屋敷」や救急車が通れない狭い道路が多く、火災や災害時の避難も困難な状態が続いて、街の発展・繁栄が遅れいぇいます。そこで今後は浦安駅前や密集市街地の再開発が急務となっています。既に再開発が終わった猫実・堀江地区の一部を見れば、如何に素晴らしい環境になるか一目瞭然です。内田市長は元町出身ですので既に約30億の予算を組んで元町の再開発に取り組んでおられますので、今後は住民の協力が進むことでしょう。その結果として、快適な自宅とアパートと新店舗ができる場所ができれば、浦安駅を中心として中町・新町に負けない素晴らしい街になるでしょう。 更に、元町の幹線道路の周辺を近隣商業地域に変更して高い建物が建てられるように用途地域の変更をすれば、元町には既に美味しい食べ物や面白い店舗が多いので、IT関係の新しい企業が進出してくることになりますので、中町・新町以上の企業や店舗で繁栄すること間違いありません! 何故なら、企業に働く人は、美味しい飲食店で飲み食いしながら語り合う内に新しい発想が湧き出して新産業を生み出すものだからです。元町の皆さん、自信を持って下さい、必ずそうなりますから。 大体、中町・新町には大手企業のテナントしかないので、浦安生まれで浦安大好き人間が、起業できる場所がほとんどないのですからね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP